【木のぬくもりに包まれた、心地いい暮らし。】素敵な木の家を建てたいあなたのために、素敵な工務店さんとの出会い方や木について詳しくなれる情報をお届けします。
茨城の木の家で心地いい暮らし » 木の家に潜む問題点とは…新築木造住宅の不安を検証 » 無垢材の床ってデメリットが多いって聞いたけど・・・

公開日: |最終更新日時:

無垢材の床ってデメリットが多いって聞いたけど・・・

近年人気の無垢材の床。温かみがある、肌触りがいいなど良い部分がたくさんありますが、強度やメンテナンスの手間が心配な方も多いのではないでしょうか。ここでは、無垢材の床のデメリットと対策、メンテナンス方法など、無垢材について情報をまとめました。

無垢材の床のデメリット

柔らかい無垢材の場合、クッション性がある反面傷つきやすくへこみやすいというデメリットがあります。小さな子供がいる家庭では、おもちゃで簡単に傷ついてしまうことも。モノを落としてしまうだけでもへこんでしまうこともあります。

また、無垢材は自然のものなので、湿度の変化によって木自体が縮んだり膨らんだりします。膨らむと板がつまって盛り上がってしまったり、逆に隙間が空きすぎる可能性もあります。

無垢材は種類によって価格にばらつきがあり、ブラックウォールナットやヒノキなどは特に費用がかかる点にも注意が必要です。ただし、比較的コストの低い樹種もあるため、新築を建てる場合や床材の張り替えを行う際は、要望と予算のバランスを考えてどのような樹種にするべきかを決める必要があるでしょう。

デメリットへの対策はある?

無垢材の床のデメリットを紹介しましたが、対策することである程度はカバーすることができます。無垢材の床をお考えの方は参考にしてみてください。

【傷・へこみ対策】材質の硬い木材を選ぶ

傷やへこみ対策として、材質の固い木材を選びましょう。

材質が固い木材といえば「オーク」「チェストナット」「ウォールナット」「ローズウッド」「アカシア」「チーク」「メープル」など。ローズウッドやウォールナットは強度で優れていますが、比較的高価な素材になります。日本の住宅でよく使用されるヒノキも、香りがよく耐久性が高い無垢材の一つです。ただし高級木材になるため、すべての部屋をヒノキの床にすると、建築費用も高額になる可能性があります。

強度と併せて明るさを取り入れたいのであれば、オークがおすすめ。落ち着いた雰囲気にはウォールナットがよく合います。予算に限りがある場合は、無垢材の中では手ごろなアカシアやチェストナットを選ぶとよいでしょう。

無垢材の強度や耐久性と住まいのイメージを考慮して木材を選ぶと、傷やへこみのストレスのない快適な住まいづくりを目指すことができます。無垢材の床は強度や価格は違えど、どの木材を選んでも暖かく心地良い空間を演出してくれるでしょう。

【変形対策】室内の湿気・乾燥を防ぐ

調湿性に優れた無垢材は、湿度の変化によって膨らんだり縮んだりを繰り返します。調湿性能によって室内の環境を快適に整えてくれているのですが、床のゆがみや隙間を防ぐためには対策が必要です。

変形から無垢材の床を守るには、室内の湿気や乾燥を防ぐことが大切。日常的に部屋を換気し、室内の空気を入れ替えましょう。部屋の中に湿気を貯めこまないことが大切です。反対に、エアコンやホットカーペットで乾燥しやすい冬は、加湿器を使って部屋を加湿。定期的に換気を行い、乾燥対策をしてください。無垢材は乾燥すると割れや収縮による隙間の発生リスクがあります。ファンヒーターやホットカーペットを使う際は、直接床に熱が当たらないように対策しましょう。

材質的に収縮しにくいのは「ウォールナット」「チーク」「オーク」など。湿度や乾燥が気になる部屋では、これらの材質を使用することで対策ができます。

近年は床暖房にも対応している「挽板フローリング」があります。挽板フローリングは無垢材に合板を張り付けたもので、無垢材のデメリットとなる部分を解消してくれるフローリングです。見た目は無垢材の床と見分けがつかないほど。肌触りや質感も無垢材そのものですので、無垢材の変形が気になる方は検討してみてもよいでしょう。

【価格への対策】樹種・サイズ・節の有無などを確認

無垢材は高いというイメージが一般的ですが、樹種やサイズ、節の有無によっても価格は異なります。価格が安いからと言って性能が落ちるわけではないので、それぞれの材質のメリットとデメリットを比較して選びましょう。

樹種で言うと、ウォールナットやヒノキは高額ですが、アカシアやパインを選べば比較的安価で購入できます。加工後のサイズや節の有無によっても価格は変わります。サイズが大きい板は節の関係で作るのが難しいため、価格は高くなってしまいます。価格を抑えるのであれば、サイズの小さい板がおすすめです。板にムラや節があるものもコストを抑えることができます。節やムラは“味”“デザイン”として捉えることもできるので、部屋を個性的な空間に仕上げたい方におすすめ。おしゃれな雰囲気を楽しむことができます。

もちろん部屋のイメージやこだわりで素材を選ぶのもよいのですが、価格がネックになっているという方は、無垢材の選び方を変えてみることをおすすめします。

無垢フローリングはメンテナンスが大変?

無垢材の床はメンテナンスが大変というイメージも。ですが、普段のお手入れは乾いたモップや掃除機で掃除を行う程度で十分です。オイルを使ったお手入れは半年から1年に1回程度で良いので、メンテナンスはそれほど大変ではありません。

ウレタン・UV塗装を行っている場合のメンテナンス

ウレタン・UV塗装を行っている無垢材の床のメンテナンスは、掃除機をかけて乾いたぞうきんで乾拭きが基本です。食べ物をこぼしてしまった時はきつく絞った雑巾で拭き、仕上げに乾拭きをしましょう。無垢材は水分に弱い素材です。水分は素早くふき取り、シミにならないよう注意してください。

全体的に汚れが気になるときは、1年に1回程度で塗装を塗り替えましょう。

オイル塗装を行っている場合のメンテナンス

木の材質を活かすオイル塗装は、お手入れしやすい反面、撥水性・耐久性の面ではウレタン・UV塗装に劣っています。そのため、飲み物や食べ物をこぼしたらすぐに乾拭きする必要があります。

オイルの塗り替えは1年に1回程度。定期的にしっかりメンテナンスすることで、経年による天然木の変化を楽しむことができます。

デメリット以上にメリットも多い無垢材

無垢材のデメリットと対策を紹介してきましたが、無垢材にはそれ以上にたくさんのメリットがあります。最大のメリットは天然木の温もりを感じられること。肌触りが良く、1年御通して快適に過ごすことができます。自然素材なので身体にも優しいのが特徴。樹種によってはクッション性もあるため、赤ちゃんや高齢の方がいる家庭でも選びやすいでしょう。

大変と思われがちなメンテナンスも、実際に住んでみるとそれほど大変ではありません。また、経年によって風合いが増していく変化を楽しめるのも無垢材の魅力ではないでしょうか。樹種によって価格や性質、雰囲気が異なる無垢材を、部屋のイメージに合わせて選んでみてください。

無垢材にこだわる工務店で
私らしい木の家に出会う

このサイトに掲載する茨城の注文住宅会社の中から、無垢材を使用している住宅会社を調査し、国産木材を使用し、産地までしっかり明記している、木の素材までこだわっている注文住宅会社3社をピックアップしました。※2018年4月時点での調査内容です。

奈良県吉野の
吉野檜を使用
檜乃アットホーム

吉野産材の総桧造り
産地直送木材
自然素材で断熱
木炭で防腐・防蟻

坪単価:42.5万円~
50.6万円

公式サイトへ

※45坪2階建ての場合の平均引き渡し価格

地元・八溝山の
木材を使用
棟匠

平屋
地元木材を使用
開放感のある高い天井
室内空間にこだわり

坪単価:56万円~
68万円

公式サイトへ

※最多価格帯と施工事例の延床面積より算出

新居浜など社有林(※1)の
木材を使用
住友林業

高級注文住宅
世界の銘木を使用
無垢床
部材へもこだわり

坪単価:60.0万円~
100.0万円

公式サイトへ

※標準価格より算出
※1 愛媛県新居浜、北海道紋別、宮崎県日向、和歌山県龍神ほか。参照元:住友林業公式サイト(https://sfc.jp/information/company/jigyou/sanrin/)より。

茨城でゆったり。木の家で心地いい暮らし
チェック

私らしい木の家と出会う
茨城の工務店ガイド

木材の使い方や木の家のタイプが異なる3つの工務店を紹介しています。

木の家にこだわる
茨城の工務店