【木のぬくもりに包まれた、心地いい暮らし。】素敵な木の家を建てたいあなたのために、素敵な工務店さんとの出会い方や木について詳しくなれる情報をお届けします。
茨城の木の家で心地いい暮らし » 木の家に潜む問題点とは…新築木造住宅の不安を検証

公開日:|最終更新日時:

木の家に潜む問題点とは…新築木造住宅の不安を検証

このカテゴリでは、木の家を建てるにあたって不安要素になりがちな問題点について、調査しています。

木の家を作るにあたって心配される問題点

木造住宅には『鉄筋コンクリートに比べると脆いのではないか』というイメージや固定概念が付きまといます。建築後には何十年という時間を過ごす場所ですから、あらゆる問題点に関して対策を講じておきたいものです。

地震

「木造住宅は地震に弱そう」というイメージを持つ人がいるかも?しかし、これまでの大地震で倒壊した木造住宅の多くは、新耐震基準施行以前に建てられた古い家屋です。圧力に強い木造住宅は、むしろ高い耐震性を誇ります。

台風・竜巻

茨城県は、台風の影響を受けやすい地域。2015年には、台風で多くの家屋が半壊しました。また2009年に竜ヶ崎市で発生した竜巻により、被害を受けた家屋も多かったようです。屋根などの強度が高い住宅でも、基礎がしっかりしていないと、下から巻き上げる強風によりダメージを受けます。家づくりの際は台風対策も視野に入れましょう。

水害

茨城県では台風以外にも、集中豪雨による影響で、大きな水害が発生しています。2015年には常総市で大きな水害が起こり、甚大な被害をもたらしました。最も大切なのは「浸水を防ぐこと」。床上にまで水が浸入してきてしまうと、住宅が生活の場として機能しなくなってしまいます。家づくりの際は水害についても対策を講じる必要がありそうです。

木材の腐食

残念ながら「木の家は腐らない!」と言い切ることはできません。その原因となるのは『木材腐朽菌』です。この菌はカビと仲良しなので、要注意。木造住宅に住む以上は、菌の繁殖しにくい環境を実現する必要があるのです。

シロアリ

シロアリは家屋内部で繁殖し、やがては家全体を倒壊させるほどの悪影響を与える害虫です。一家づくりの際はその対策をきちんと講じる必要あり。その生態には水分が必要不可欠のため、湿気の管理には特に気を配る必要があります。せっかく構造がしっかりとしていても、シロアリに痛めつけられた家屋は、自然災害で簡単に倒壊してしまいますよ。

寒さ

「木の家って冬は寒そう…」、そんなイメージが定着しているのは、なぜなのでしょうか。これはすきま風が入る、古い日本家屋での滞在や生活の経験からくる、固定概念なのではないかと思います。

火災

木の家は燃えやすいのでは…?というイメージを抱きがちですが、木造建築で家を建てるには耐火基準をクリアしなければならないため、一概に木の家が燃えやすいとは言えません。木造でも耐火性に優れた木材の種類選べば、火災に強い家づくりが叶います。

湿気や結露

木の家が結露しにくいといわれる理由は、木材には調湿性能があるから。空気中の水分を吸ったり放出したりすることで、室内に結露ができにくい環境を作ってくれるのです。結露を防ぐには、無垢材を選ぶことが大切。さらに窓を二重サッシなどにすることで対策ができます。

花粉アレルギー

住まいに使用される木材から花粉が出ることはないため、花粉症のひどい方が木の家の住んでも問題ありません。ただし、天然の木の成分が原因でアレルギーが現れる可能性もあるため、何らかのアレルギーを抱えている方は使用する樹種についても確認を行うとよいでしょう。

メンテナンス(無垢フローリング)

近年人気の無垢フローリングですが、メンテナンスが大変そうというイメージを持つ方も多いでしょう。実際にはオイル塗装は半年から1年に1回程度。日常のお手入れは掃除機と乾拭きをするだけでよいので、メンテナンスはそれほど難しくありません。

木造住宅の耐用年数は短い?

木造住宅の耐用年数は30年程度です。しかし、30年を超えれば住めなくなるというわけではありません。実は平均的な木造住宅の寿命は30~80年とされています。これは設計法や日々のメンテナンスの違いによるものです。こまめにメンテナンスを行っていれば、長く住むことが出来ます。こまめな掃除、定期点検、定期メンテナンスなどを行いましょう。

木造住宅の遮音性はどれくらい?

木造住宅の遮音性は、鉄筋コンクリート造住宅に及びません。ただし、気密性の向上とともに、木造住宅の遮音性も高くなっています。窓に工夫を凝らす、フローリングの下地にこだわるなどすれば、木造住宅でも騒音が気になりにくい生活環境を構築することは可能です。防音対策を含め、木造住宅の遮音性について解説します。

木造住宅を建てた後でもし雨漏りが起きたら?

雨漏りは木造だけでなく、鉄筋コンクリートや鉄骨造でも起こり得ることです。しかし木造住宅を建てた後にもし雨漏りが起きたらどうするべきか、対策法を知っておくといざというときに役立ちます。木造住宅で雨漏りが起こる原因と自分でできる対策法について解説します。

木造住宅で家鳴りが起きる原因とは?

木造住宅で発生する家鳴りは、新築か古い家かで異なります。誰もいないはずの場所から急に音が鳴ると怪奇現象でも起こっているのかと不安になりますが、家鳴りはどんな家であっても発生するものです。原因を突き止め、正しい対策を施しましょう。ここでは木造住宅で家鳴りが起こる原因と対処法を紹介します。

上記の問題点に共通しているのは「木造住宅だからと言って、リスクが高まるわけではない」ということ。

大切なのは、事前に建設会社と話し合いを重ね、きちんと対策を講じておくことです。

そのためにも、ぜひ本カテゴリのページ内容を確認してくださいね。

無垢材にこだわる工務店で
私らしい木の家に出会う

このサイトに掲載する茨城の注文住宅会社の中から、無垢材を使用している住宅会社を調査し、国産木材を使用し、産地までしっかり明記している、木の素材までこだわっている注文住宅会社3社をピックアップしました。※2018年4月時点での調査内容です。

奈良県吉野の
吉野檜を使用
檜乃アットホーム

吉野産材の総桧造り
産地直送木材
自然素材で断熱
木炭で防腐・防蟻

坪単価:42.5万円~
50.6万円

公式サイトへ

※45坪2階建ての場合の平均引き渡し価格

地元・八溝山の
木材を使用
棟匠

平屋
地元木材を使用
開放感のある高い天井
室内空間にこだわり

坪単価:56万円~
68万円

公式サイトへ

※最多価格帯と施工事例の延床面積より算出

新居浜など社有林(※1)の
木材を使用
住友林業

高級注文住宅
世界の銘木を使用
無垢床
部材へもこだわり

坪単価:60.0万円~
100.0万円

公式サイトへ

※標準価格より算出
※1 愛媛県新居浜、北海道紋別、宮崎県日向、和歌山県龍神ほか。参照元:住友林業公式サイト(https://sfc.jp/information/company/jigyou/sanrin/)より。

茨城でゆったり。木の家で心地いい暮らし
チェック

私らしい木の家と出会う
茨城の工務店ガイド

木材の使い方や木の家のタイプが異なる3つの工務店を紹介しています。

木の家にこだわる
茨城の工務店