【木のぬくもりに包まれた、心地いい暮らし。】素敵な木の家を建てたいあなたのために、素敵な工務店さんとの出会い方や木について詳しくなれる情報をお届けします。
茨城の木の家で心地いい暮らし » 茨城で自然素材の家を建ててくれる工務店・ハウスメーカー » すぎのこハウジング

公開日: |最終更新日時:

すぎのこハウジング

茨城県水戸市にあるすぎのこハウジングの評判や特徴、注文住宅の仕様などについてまとめています。

すぎのこハウジングの評判・口コミ

口コミは見つかりませんでした。

【すぎのこハウジングの特徴】自由設計と豊富な外観の種類が魅力

すぎのこハウジングは、Forestと冠された複数のシリーズと、豊富な外観デザインが魅力の住宅メーカー。これらを組み合わせ、多種多様な注文住宅を建てられます。自由設計に対応しており、家族の理想やワガママを詰め込むことが可能。保証やアフターサービスも充実しているので、安心して長く住める注文住宅を実現できます。

【すぎのこハウジングが造る木の家】天然無垢のパイン材を採用

すぎのこハウジングは、主に天然無垢パイン材を採用しています。天然無垢の木材は独特の風合いを持っており、年月とともに変化する風合いを楽しめます。家族の成長とともに、刻々と代わりゆく無垢材を眺めながら生活できます。

すぎのこハウジングが使用する木材

すぎのこハウジングで採用している木材は、前述のとおり天然無垢のパイン材です。水回りや一部はフローリングですが、それ以外の場所ではパイン材を多用しています。

天然無垢のパイン材は、素足でも優しい温もりが伝わってくる魅力的な木材。調湿性能に優れており、特に湿気の多い梅雨や真夏などは、余分な湿気を吸収します。一方、冬のように乾燥した季節では、パイン材が湿気を放出してくれるのがポイントです。自然に調湿されることで、年中快適で過ごしやすい住環境を提供してくれます。

すぎのこハウジングの仕様

基礎

すぎのこハウジングでは、全住宅でベタ基礎を採用しています。ベタ基礎は全体で建物を支える構造になっており、布基礎と比べて耐震性に優れるのがメリット。地面をコンクリートが覆っているためシロアリに強く、湿気対策がほぼ不要な点も魅力です。長期的に見ると、ランニングコストを節約し、メンテナンスの手間を削減できます。

工法

工法には剛床工法を採用。建物の水平方向への強度を高め、地震はもちろん、強風・台風などの風災にも備えられるのが特徴です。傾きや歪みも防ぎやすいため、災害に強い住宅を建てられます。

日本はいつ、どこで大きな災害が起こるか誰にも分かりません。すぎのこハウジングなら、万が一の災害にも備えられるでしょう。

キッチン・バス

すぎのこハウジングは、IHのシステムキッチンとユニットバスを標準仕様にしています。しかし、それぞれの家族の希望や、生活環境に合わせたプランを提示してくれるので、自由に決められます。こだわりたい方は、打ち合わせの時に遠慮せず相談してみましょう。

屋根

すぎのこハウジングの屋根は、フッ素アクリル塗装鋼板屋根が標準仕様となっています。フッ素は耐用年数が長く、鋼板の屋根は軽量性なのが魅力。すぎのこハウジングでは、塗膜・変退色に関する保証が15年付いています。もしこの期間に不具合が起きたとしても、保証を受けられるので安心です。

外壁

外壁はシーリングレスサイディングを標準仕様として採用。将来の再塗装や、シーリングの打ち替え時に生じる足場費用など、ランニングコストの大幅な低減を実現します。外壁の継ぎ目もなくなるので、見た目にも美しい壁ができあがります。セルフクリーニング機能もあり、掃除の手間を省けるのも魅力です。

防水シート

すぎのこハウジングの注文住宅では、デュポン社のタイベックシルバーを使用しています。アルミニウムの反射によって輻射熱を抑え、高い断熱性を持っているのが特徴。快適な住環境を実現するだけでなく、結露や湿気対策にもなります。掃除や手入れなどの手間が軽減されます。

すぎのこハウジングの概要

会社名 株式会社すぎのこハウジング
設立 公式HPに記載なし
所在地 茨城県水戸市河和田町1165-1
定休日 水曜日
展示場
・見学会
公式HPに記載なし(要問合せ)
事業内容 新築・建築全般、住宅リフォーム、店舗リフォーム、外構リフォーム、エクステリア、福祉
免許許可登録 公式HPに記載なし
施工エリア 筑西市、桜川市、笠間市、水戸市、土浦、つくば、取手、守谷など茨城全域

無垢材にこだわる工務店で
私らしい木の家に出会う

このサイトに掲載する茨城の注文住宅会社の中から、無垢材を使用している住宅会社を調査し、国産木材を使用し、産地までしっかり明記している、木の素材までこだわっている注文住宅会社3社をピックアップしました。※2018年4月時点での調査内容です。

奈良県吉野の
吉野檜を使用
檜乃アットホーム

吉野産材の総桧造り
産地直送木材
自然素材で断熱
木炭で防腐・防蟻

坪単価:42.5万円~
50.6万円

公式サイトへ

※45坪2階建ての場合の平均引き渡し価格

地元・八溝山の
木材を使用
棟匠

平屋
地元木材を使用
開放感のある高い天井
室内空間にこだわり

坪単価:56万円~
68万円

公式サイトへ

※最多価格帯と施工事例の延床面積より算出

新居浜など社有林(※1)の
木材を使用
住友林業

高級注文住宅
世界の銘木を使用
無垢床
部材へもこだわり

坪単価:60.0万円~
100.0万円

公式サイトへ

※標準価格より算出
※1 愛媛県新居浜、北海道紋別、宮崎県日向、和歌山県龍神ほか。参照元:住友林業公式サイト(https://sfc.jp/information/company/jigyou/sanrin/)より。

チェック

私らしい木の家と出会う
茨城の工務店ガイド

木材の使い方や木の家のタイプが異なる3つの工務店を紹介しています。

木の家にこだわる
茨城の工務店