茨城の木の家で心地いい暮らし » 木の家に潜む問題点とは…新築木造住宅の不安を検証 » 木の家で花粉症やアレルギー症状は起こるのか

公開日: |更新日:

木の家で花粉症やアレルギー症状は起こるのか

木の家で花粉症の問題はない

木材から花粉は出ない

木の家に住むか決める際、木材から花粉が出るのではないか?と心配になる人もいるでしょう。

しかし、木材から花粉が出るわけではないため、花粉症の症状が現れることはありません。これはスギやヒノキの限らず、木材全般に言えることです。花粉が出るという心配をする必要がないため、花粉症の人でも木の家に住めます。

アレルギーが出ないとは言い切れない

ただし、花粉症の心配はないもののアレルギー症状が出ないとは言い切れません。花粉の心配はなくても、木の成分にアレルギーを持つ人はいます。

ブナやカシ材など一部の木材の粉塵により、炎症やアレルギーを起こす可能性があるので、木材を選ぶ際は自分に合ったものを選びましょう。ただ、粉塵が発生するのは施工時なので、完成後に粉塵が発生することはないと考えられます。他にもウルシ科やカバノキ科などの木材で皮膚炎を起こす可能性があるので、実際に木材を選ぶ際は産地や種類をよく確認し、家族とも相談しておきましょう。

無垢材のメリット

無垢材フローリングは、単一木材から切り出した1枚の木材でできています。無垢材のメリットとしては何といっても本物の木質が魅力です。張り替えたばかりの新しい木質から、経年によって変化していく色や艶を楽しむことができます。

また、無垢材はアレルギーを起こしにくいとされているのもメリットの1つです。化学物質を含んだ素材を使用したほうがアレルギー体質の方にはよくないという見方もあります。

さらに、自然素材である無垢材は、一般的な複合フローリングにはない調湿作用があるという点もメリットです。部屋の湿度によって空気中の水分を調節し、一定に保とうと働きかけます。昔ながらの木造建築が夏場にエアコンなしで過ごせるのは、無垢材を使用しているという点も関係しているのかもしれません。

そして、木材は熱伝導率が低いため心地良さもあります。伐採された木材は空気をたくさん含んでいるため、熱が伝わりにくいのがポイントです。コンクリートと比較した場合、木材の熱伝導率は10分の1程度。木は柔らかさもあるため、高齢の方や赤ちゃんにも優しい素材として採用できます。

健康住宅を検討してみる

アレルギーや花粉症に悩む方々も、天然成分にこだわることで身体への負担を軽減できる可能性があります。毎日暮らす家だからこそ、健康面を考えられる空間であってほしいはずです。アレルギーでお困りの方は、健康住宅を検討してみるのも良いかもしれません。

茨城で木の家を建てるならおすすめの住宅会社

日本三大檜・吉野桧をぜいたくに使用
檜乃アットホーム

地域密着型の工務店
産地直送木材
吉野檜
羊毛断熱材(サーモウール)
木炭で防蟻処理(アンダープロテクト)

参考価格(坪単価)
48.0万円 ~ 68.0万円/坪(※1)

公式サイトへ
檜や桐、天然木をふんだんに使用
グラウンドホーム

茨城県内に5か所の展示場あり


珪藻土壁紙
吹付け断熱材

参考価格(坪単価)
65.0万円 ~ 75.0万円/坪(※2)

公式サイトへ

【選定条件】
※2023年6月15日時点、「木の家 茨城」とGoogle検索した際に表示された63社をすべて調査。そのうち、以下の条件を満たす2社を選定。

・耐震等級3相当に対応している
・長期優良住宅に対応している
・構造材、床材、壁材すべて自然素材(※)を使用できる
・施工エリアを公式サイトに記載している
※当サイトでの「自然素材」は無垢材や漆喰を指します。
※1参照元:https://suumo.jp/chumon/tn_ibaraki/rn_hinokinoathome/
※2参照元:https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_groundhome/

チェック

茨城で建てる
木と暮らし木を感じる家

木の家にこだわる
茨城の施工会社