【木のぬくもりに包まれた、心地いい暮らし。】素敵な木の家を建てたいあなたのために、素敵な工務店さんとの出会い方や木について詳しくなれる情報をお届けします。
茨城の木の家で心地いい暮らし » 木の家住宅で使われる木材の種類と特徴

公開日:|最終更新日時:

木の家住宅で使われる木材の種類と特徴

このカテゴリでは、木造住宅で使われている主要な木材の種類と、その特徴を調べています。以下の木材について、ページを設けてみました。

世界最古の木造建築・法隆寺の建材にも使用されているひのきは、古来から重用されてきた歴史があります。中には『吉野ひのき』など、ブランド力の高い種類もあるので、要注目。また『総ひのきの家』にも需要があるなど、高い人気を誇ります。

ひのき材の特徴と相場

国内には、数多くのスギが植えられています。木材としての人気は非常に高め。柔らかく加工しやすいという特性から、さまざまな用途に引っ張りだこです。また価格がリーズナブルに抑えられるというメリットもあります。

スギ材の特徴と相場

街路樹としての用途など日本人にとっては非常に馴染み深い広葉樹であるけやき。建材としても古くから重用されてきた歴史があり、高級木材として知られています。その価格は他のリーズナブルな木材に比べ、2倍~4倍ほど高額になる場合もあるようです。一体どのような魅力があるのか、調査してみました。

けやき材の特徴と相場

オークの原産地は北米。ブナ科の広葉樹であり、一般的に日本では楢(ナラ)のことを指します。オーク材の中でもホワイトオークやレッドオークなど細かく分かれます。また日本の材木業界では、ロシア産のナラ材が人気。そんなオークについて深掘りしました。

オーク材の特徴と相場

パインと聞くとイメージが湧きにくい人もいるかもしれませんが、日本でも広く分布している松の木の英名です。しかし建築業界ではパイン材=輸入木材を指すのが一般的で、北欧やロシアから数多くのパイン材が輸入されています。またアメリカやカナダのパイン材も、日本の木造建築の中で非常に高い需要を誇っていますよ。

パイン材の特徴と相場

「自然の息吹が感じられて、木の芳香が漂う木造住宅に住みたい!」。そんな希望を持っている方は、ぜひ本カテゴリの各ページをご一読くださいね。

無垢材にこだわる工務店で
私らしい木の家に出会う

このサイトに掲載する茨城の注文住宅会社の中から、無垢材を使用している住宅会社を調査し、国産木材を使用し、産地までしっかり明記している、木の素材までこだわっている注文住宅会社3社をピックアップしました。※2018年4月時点での調査内容です。

奈良県吉野の
吉野檜を使用
檜乃アットホーム

吉野産材の総桧造り
産地直送木材
自然素材で断熱
木炭で防腐・防蟻

坪単価:42.5万円~
50.6万円

公式サイトへ

※45坪2階建ての場合の平均引き渡し価格

地元・八溝山の
木材を使用
棟匠

平屋
地元木材を使用
開放感のある高い天井
室内空間にこだわり

坪単価:56万円~
68万円

公式サイトへ

※最多価格帯と施工事例の延床面積より算出

新居浜など社有林(※1)の
木材を使用
住友林業

高級注文住宅
世界の銘木を使用
無垢床
部材へもこだわり

坪単価:60.0万円~
100.0万円

公式サイトへ

※標準価格より算出
※1 愛媛県新居浜、北海道紋別、宮崎県日向、和歌山県龍神ほか。参照元:住友林業公式サイト(https://sfc.jp/information/company/jigyou/sanrin/)より。

茨城でゆったり。木の家で心地いい暮らし
チェック

私らしい木の家と出会う
茨城の工務店ガイド

木材の使い方や木の家のタイプが異なる3つの工務店を紹介しています。

木の家にこだわる
茨城の工務店