【木のぬくもりに包まれた、心地いい暮らし。】素敵な木の家を建てたいあなたのために、素敵な工務店さんとの出会い方や木について詳しくなれる情報をお届けします。
茨城の木の家で心地いい暮らし » 木の家住宅で使われる木材の種類と特徴 » オーク

オーク

輸入材として人気が高いオーク材。木材としての特徴をピックアップし、価格相場などをまとめています。

家の内装に使われるオークの主な産地

オークの原産地は北米。ブナ科コナラ属の広葉樹の総称です。日本にも多く分布し、木材として使用されている楢(ナラ)と非常によく似ており、その違いを見極めるのは、プロにも難しいと言われています。

また日本の材木業界では、ロシア産のナラ材に人気が集まっていました。寒さの厳しい環境の中で育った木なので、目が詰まっており、木材として良質と評されてきたのです。オーク材とは、これらの木材の総称と言っても良いかもしれません。

木材・建材としてのオークの特徴

レッドオークとホワイトオークの木目

オーク材は大ぶりな木目が特徴。「虎斑(トラフ)」と呼ばれる模様が見られることもあります。また強度が高いため、表面に傷がつきにくく、水にも強いという特徴を持っています。その耐久性の高さから、ワインやウィスキーの樽などに使用されることも多くなっています。

色味は経年とともに変化し、濃さが増していくため、重厚な印象が深まっていくでしょう。もちろん香りも良く、気分をリフレッシュさせてくれることはうけあいです。

オークの中に、「ホワイトオーク」と「レッドオーク」といった種類があります。画像の左側がレッドオーク、右側がホワイトオークで木目の違いがはっきりしていることがわかると思います。

木の家でオークはどのように使われているか

オーク材は木造住宅の中で、どちらかというと家具の素材に用いられることが多いようです。昔はその強度から加工が避けられていましたが、近年は大型の製材機が普及したため、壊れにくい家具の原料として、重宝されるようになりました。

またオークには「表面が硬く傷がつきにくい、水にも強い」という特性があるため、近年は床材としての人気が高め。特に小さなお子さんのいる家庭で選ばれることが多い様子です。

オークの価格相場はいくら?

オーク材はホームセンターなどでも販売されていますが、その場合の価格は1枚1,000円台からでも見つけられます。住宅建設に用いられる際、1立方メートル分の体積を表す「立米」単価は120万円程度。木材の中ではお高めです。またロシア産のナラ材は近年の輸出制限で価格が高騰しています。

心地いい木の家との出会い、教えます。

木のぬくもりに包まれた心地いいおうち、
家族が快適で安心して暮らせるおうちを
建ててくれる茨城県内のハウスメーカーを
3つ厳選しました。

チェック

私らしい木の家と出会う
茨城の工務店ガイド

木材の使い方や木の家のタイプが異なる3つの工務店を紹介しています。

木の家にこだわる
茨城の工務店