【木のぬくもりに包まれた、心地いい暮らし。】素敵な木の家を建てたいあなたのために、素敵な工務店さんとの出会い方や木について詳しくなれる情報をお届けします。
茨城の木の家で心地いい暮らし » 木の家住宅で使われる木材の種類と特徴 » ひのき

ひのき

このページでは、桧の木材としての特徴や、木の家住宅にどのように使われているのかについてまとめています。

建材に使われる桧(ひのき)の主な産地

桧は国内で、福島県以南の地域に分布しています。中でも奈良県南部には、生産者によってきちんと管理された桧林が広がっており「吉野桧」としてブランド化されています。また長野県の木曽谷には天然の桧林が多く残り、「木曾桧」として人気を集めます。

これらのブランド桧には「節の少ない美しい木目」、「色つやが良く、光沢がある」、「年輪の幅が細かく均一」などの特徴があり、木造住宅の建材として高い価値を有しています。

木材・建材としての桧の特徴

桧の年輪 桧の木目

桧には、建材として古代から重用されてきた歴史があります。世界最古の木造建築である法隆寺も、檜造りなのです。

法隆寺が現存していることからもわかるように、桧の耐久力は特筆に値します。水に強く、また建物を傾かせる菌や蟻への耐性も高いのです。樹齢が高いほどこの特性は強固となり、「伐採後100年間は強度が上がり続ける」と言われます。

木目は細かく、内部に含まれる油から、美しい光沢も生まれます。さらに嗅ぐわしい芳香には、防虫効果も認められています。

木の家で桧はどのように使われているか

桧は木造住宅の中で、構造材から内装材にまで幅広く用いられています。またその「水に強い」という特性を活かし、フローリングの床材や桧風呂などに活用されることもあります。

また「国内針葉樹の中で第一級の木材」と言われる桧を、建築の際できる限り多く取り入れた総桧造りの木の家に取り組む工務店も、数多い様子。こうした木造住宅の場合、目に入りやすい内装材には、多くの桧が使われています。その需要の高さが伺えますね。

桧の価格相場はいくら?

桧は良質な建材として非常に人気が高くなっていますが、供給量が安定しているため、価格は比較的リーズナブルになっています。木材の価格を表すとき、1立方メートル(1m×1m×1mの体積。例えば、直径50cmで高さ4メートルの丸太は1立方メートルとなる)を表す立米(りゅうべ)ごとの単価で算出する場合があるのですが、その立米単価は50万円台。スギなどに比べるとやや高めですが、ケヤキなどの高級木材よりは検討しやすい価格です。

心地いい木の家との出会い、教えます。

木のぬくもりに包まれた心地いいおうち、
家族が快適で安心して暮らせるおうちを
建ててくれる茨城県内のハウスメーカーを
3つ厳選しました。

チェック

私らしい木の家と出会う
茨城の工務店ガイド

木材の使い方や木の家のタイプが異なる3つの工務店を紹介しています。

木の家にこだわる
茨城の工務店