【木のぬくもりに包まれた、心地いい暮らし。】素敵な木の家を建てたいあなたのために、素敵な工務店さんとの出会い方や木について詳しくなれる情報をお届けします。
茨城の木の家で心地いい暮らし » 木の家住宅で使われる木材の種類と特徴 » スギ

スギ

このページでは、建材に使われる杉について調べています。

建材に使われる杉の主な産地

杉は日本全国に産地のある木。戦後に政府が積極的に植林を進めた経緯があり、春になるとその花粉に悩まされる人が続出することでも、良く知られています。

産地により種類がありますが、日本三大美林のひとつ奈良県吉野の林から採れる「吉野杉」は、そのブランド力の高さが有名。ほかに森林備蓄量が全国でもトップクラスと言われる新潟県の「越後杉」も、積雪に耐えうる強度としなやかさを持つ良質の木材として、注目を集めています。

木材・建材としてのスギの特徴

杉の年輪 杉の木目

スギは非常に柔らかいという特性があります。角材にも板材にも加工しやすく、それほど経験のない職人にとっても扱いやすいため、古くから建材として活用されてきた歴史があるのです。ただしその柔らかさゆえ、表面に傷が付きやすいという弱点もあります。

スギの木目は直線的。脂気が少ないという特徴もあります。また独特の芳香を放つことでも知られており、日本酒の中にはわざわざスギの樽に漬けることで、香り付けを行うものもあるほどです。

木の家でスギはどのように使われているか

スギは木造住宅の中で、構造材から造作材にまで幅広く用いられています。ただし柔らかい木材なので、柱などに用いるよりは羽目板や建具材、そして天井板などに活用することで真価を発揮するでしょう。ただし表面が傷つきやすいので「わずかな傷でも気になる」という人は、表立った場所への使用を避ける方が無難かもしれません。

スギはまっすぐに伸びる木なので、割り箸づくりにも活用されています。この特性を活かして家具作りに活用するのも、一案です。

スギの価格相場はいくら?

スギは供給量が安定しているため、木材の中でもリーズナブルな価格を実現することで知られています。

1立方メートル分の体積による価格(立米単価)は30万円台なので、予算に余裕のない人の強い味方になってくれそう。なおブランド杉や米国産スギの値段は、若干お高めです。

心地いい木の家との出会い、教えます。

木のぬくもりに包まれた心地いいおうち、
家族が快適で安心して暮らせるおうちを
建ててくれる茨城県内のハウスメーカーを
3つ厳選しました。

チェック

私らしい木の家と出会う
茨城の工務店ガイド

木材の使い方や木の家のタイプが異なる3つの工務店を紹介しています。

木の家にこだわる
茨城の工務店