業者探しから各種知識まで、注文住宅づくり徹底ガイド@牛久市

いよいよ完成!マイホーム

本ページでは、注文住宅建設の流れのなかで、住宅展示場や住宅見学会を上手に活用するポイントについて解説していきます。

注文住宅の流れ、住宅展示場や住宅見学会の活用術

根本的な真理として、住宅に限った話ではありませんが、商品というものは写真などで見ただけでは、その真価は分かりません。実際に見て触れてみてこそ、より正確な判断がくだせます。そこで重要になってくるのが依頼先候補となる注文住宅業者が、モデルハウスの設置や、実際に手がけた物件の見学会を実施しているかどうか

依頼先の注文住宅業者を絞り込む段階では、住宅展示場を回ってみるのが有意義です。写真やパンフレットだけでは分からない、家の質感や構造、間取りなどをチェックすることができます。注意すべき点としては、モデルハウスが豪華さを強調しすぎているような業社は要注意です。モデルハウスと見学会の物件が同じクオリティで価格も明示してある業社なら、より信頼度は高いと言えます。もうひとつ、その業者の営業マンとの相性や信頼度もしっかりチェックすることも重要です。

続いては、住宅見学会への参加。これは展示場よりも一段階上の深い情報に触れる絶好の機会です。建築途中ならば、基礎や構造骨組、耐震対策や断熱工事、さらには職人の仕事ぶりなども参考にできます。完成見学会ならば、施主の方に、この業者を選んだ理由や家づくりのポイントなどを直接尋ねることもできます。そして、居住開始から一定期間が過ぎた見学会では、住宅の経年変化はもとより、住んでみての実感や住宅業者との信頼関係といった忌憚のない意見に触れることができます。まさに利用しない手はないのです。

恥ずかしながら、完成した拙宅を大公開!

念願のマイホーム外観

では、これから注文住宅を建てる方への参考…と言ってはおこがましいですが、完成した拙宅をお披露目させていただきます。当初、私は和風あるいは和モダンの、日本伝統建築の要素を取り入れたいと願っていましたが、鬼嫁ならびに鬼嫁に洗脳(?)された子供達に押され、モダンスタイルの外観となりました。

白い四角の立体を組み合わせたような意匠に、玄関回りは木目のアクセント、2階のベランダはバルコニー風にアレンジを加えてあります。ほぼ鬼嫁の意向で設計士さんが提案してくれましたが、いざ完成してみると、これはこれで満足いく出来栄えです。

念願のマイホーム内観

内装に関しては、限られたスペースを上手く使った提案をして貰えました。「和室は絶対外せない」という男の矜持に対して、担当者さんは「リビングの一部に和室スペースを設け、リビングの一部にも仕切られたひと部屋にも使えるというアイデア。実際に人気が高いのだとか。

鬼嫁からは、家事の最中でも子供達に目が届くようにしたいとの要望で、島型のアイランドキッチンを採用。これで料理中に子供達が悪さをしても一喝できると、ほくそ笑んでおりました(汗)。

ともあれ、綿密なリサーチの甲斐あり、満足いく家を完成させることができました。この喜びは、結婚や子供の誕生にも匹敵しながら、それらとはまた別の、比類なきものでもあります。これから注文住宅を建てる方の、成功をお祈りいたします。

管理人夫妻のマイホームが完成!牛久市の注文住宅会社の一覧はコチラ