【木のぬくもりに包まれた、心地いい暮らし。】素敵な木の家を建てたいあなたのために、素敵な工務店さんとの出会い方や木について詳しくなれる情報をお届けします。
茨城の木の家で心地いい暮らし » 木の家に潜む問題点とは…新築木造住宅の不安を検証 » 水害に強い木造住宅の特徴と知っておくべき関連情報

水害に強い木造住宅の特徴と知っておくべき関連情報

水害に強い木造住宅を建てるうえでのポイント

水害

台風だけでなく、集中豪雨による影響で、大規模な水害が繰り返し発生している茨城県で、木の家を建てるうえで最も大切なのはズバリ、浸水防止対策です。

仮に床上浸水が生じてしまえば、元来の役割である生活の場としての機能が不可能となってしまうため、万全の水害対策が必要です。

また水が原因となるリスクとして、木材の腐食も見過ごせません。以下にあげる要着目ポイントを十分確認のうえ、より確実に水害に強い木の家を正しく選ぶ、あるいは建てる必要性が見過せません。

浸水被害を左右する基礎の高さと強度

床下および床上浸水の被害は、基礎の高さに大きく左右されます。基礎が低い設計では、地表面から床までの距離が短く、それだけ浸水のリスクが高くなってしまいます。築年数が古い建物の場合、30cm程度しか確保されていない物件もあり、中古物件購入に際しては注意が必要です。

また新築後に駐車場あるいは犬柱にコンクリートを打つことで、建物の外周の地表面が高くなれば、結果的に基礎の高さを下げてしまい、床上浸水の危険度がアップしてしまいます。また津波や洪水など、流れ込む水流が猛烈な水害の場合、基礎の強度に不安があれば、建物全体が流されてしまうリスクが高まります。

床下点検口の有無に着目

木造住宅に浸水が生じた場合、どれだけ早く初期対応できるかによって、その後の被害状況が大きく変わります。大雨洪水後に床下に水が溜まったままであれば、カビの発生が木材の腐食を進行させてしまいます。

ここでポイントとなるのが、床下点検口の存在です。ここから床下の状況を確認のうえ、必要に応じて専門業者に水抜き対応を依頼し、その後乾燥させることで、構造材の腐食を防ぐことができます。

床下点検口がない場合、床下の状況確認そのものが不可能なため、気づかぬうちに水が溜まりカビだらけとなれば、建物だけでなく、そこで暮らす人々の健康状態にも悪影響が避けられません。

重要な設備機器の配置

通常の床上浸水の場合、フローリングの張り替えや石膏ボードの交換工事で復旧できますが、設備機器が故障してしまうと、通常の生活を取り戻すまでに、時間とより大きな修理費用負担が必要となります。

こうしたリスクを抑制する意味で、リビングや水回りが2階に配置された木造住宅を検討されるのも一案です。ユニットバスやキッチンなどの設備機器が1階に集まっていると、床上浸水時の被害も大きく、復旧に時間を要してしまいます。給湯器をより高い位置に設置するなどの工夫も、水害対策として効果的です。

またブレイカーが故障してしまうと、建物全体の電気の復旧に時間を要してしまいます。極力2階に設置するか、各階の経路を別々にしておくことをおすすめします。

茨城県の水害事例

2015年9月の関東・東北豪雨で鬼怒川が決壊した常総市では、浸水域に約4000人が取り残され、ヘリやボートで救出される事態となりました。

建物被害は2016年6月時点で、全壊53、大規模半壊1581、半壊3491、床上浸水150、床下浸水3066に達しています。[注1]

まとめ

茨城県で水害に強い木造住宅を作るのであれは、基礎の高さと床下点検口の確保、設備機器の適正な配置がポイントとなります。

また過去の水害事例を確認のうえ、日常的に災害対策を講じておく姿勢が望まれます。

参考文献

心地いい木の家との出会い、教えます。

木のぬくもりに包まれた心地いいおうち、
家族が快適で安心して暮らせるおうちを
建ててくれる茨城県内のハウスメーカーを
3つ厳選しました。

チェック

私らしい木の家と出会う
茨城の工務店ガイド

木材の使い方や木の家のタイプが異なる3つの工務店を紹介しています。

木の家にこだわる
茨城の工務店