【木のぬくもりに包まれた、心地いい暮らし。】素敵な木の家を建てたいあなたのために、素敵な工務店さんとの出会い方や木について詳しくなれる情報をお届けします。
茨城の木の家で心地いい暮らし » 木の家に潜む問題点とは…新築木造住宅の不安を検証 » 木を食べる虫はシロアリだけではない

木を食べる虫はシロアリだけではない

木を食べる虫はシロアリだけではない

木造住宅でもっとも気になる虫といえばシロアリが有名ですが、シロアリだけではなく、他にも木材を好物としている虫がいます。シロアリ対策も大事ですが、それ以外にも木を好物にしている虫がいると知っておくこともまた、木の家を長持ちさせるために大切です。

キクイムシ

キクイムシの特徴

キクイムシの体調は2mmから8mm。4月から9月の期間が主な活動時期ですが、活発になるのは5月から6月にかけてとされています。寿命は1ヶ月から1ヶ月半と決して長くはないものの、メスのキクイムシは成虫している間におよそ100個の卵を産むなど繁殖力が高いのが特徴です。外部から侵入してくる虫というよりも、幼虫や卵の時点で木に生息していることが多いかもしれません。成長とともに被害を与えるケースが多いので、木材をチェックして小さな穴が空いていないのか確認しておきましょう。

キクイムシの被害

元から木にいることが多いキクイムシは、木の中に生息して木を食べながら成長して外に出てきます。食べたあとは木に細かく穴が開いてしまいます。一つの穴は決して大きくはないのですが、いくつもの穴をあけることで木全体がスカスカになってしまい、強度にも影響が出てしまう点に気をつけてください。

シバンムシ

シバンムシの特徴

「死番虫」と書かれるシバンムシ。エジプトのミイラと一緒に出てきたことからこのような名前がついたと言われていますが、木材だけではなく、食品被害も及ぼします。見た目はすぐに「虫」だと思わないとても小さなものですが、かじる力がとても強いので木材にも穴を開けてしまいます。

シバンムシの被害

シバンムシは木材の割れ目に一匹いれば、徐々に増えてしまうほど繁殖力が高い虫です。古い木材が大好物なので、築年数の古い木造建築物や木造文化財等にとって厄介な存在として知られています。一つひとつの穴は決して大きくはありませんが、無数に穴ができると強度が弱まり、腐食を進行させてしまいます。

駆除方法

殺虫剤

虫の対策で最も手軽に効果が期待できるのが殺虫剤です。殺虫剤を噴射することで駆除できるので、苦労せずに対策出来ます。殺虫剤はドラッグストアやスーパー等でも気軽に入手することができますので、誰もが手軽に行える駆除方法です。ただし、近くから噴射すると殺虫成分よりも風圧で飛ばすだけになってしまい、死滅していないケースがでてきます。ある程度距離を置いて、遠くから噴射しましょう。

熱処理

熱によって虫を死滅させる駆除方法もあります。一度に多くの虫を死滅させることができる方法ですが、「住居に住み着いた虫の駆除」となると、少々現実的ではありません。また、木材全てへの熱処理だと、場合によっては痛みが気になることもあるでしょう。方法には注意が必要です。

心地いい木の家との出会い、教えます。

木のぬくもりに包まれた心地いいおうち、
家族が快適で安心して暮らせるおうちを
建ててくれる茨城県内のハウスメーカーを
3つ厳選しました。

チェック

私らしい木の家と出会う
茨城の工務店ガイド

木材の使い方や木の家のタイプが異なる3つの工務店を紹介しています。

木の家にこだわる
茨城の工務店