【木のぬくもりに包まれた、心地いい暮らし。】素敵な木の家を建てたいあなたのために、素敵な工務店さんとの出会い方や木について詳しくなれる情報をお届けします。
茨城の木の家で心地いい暮らし » 木の家に潜む問題点とは…新築木造住宅の不安を検証 » 冬は寒いんじゃないの?

冬は寒いんじゃないの?

木の家は寒さを感じやすいか?調査しているページです。

木の家で寒さを感じる理由

「木の家って冬は寒そう…」、そんなイメージが定着しているのは、なぜなのでしょうか。これはすきま風が入る、古い日本家屋での滞在や生活の経験からくる固定概念ではないかと思います。

近年の木造建築は気密性や断熱性を高める工夫が随所に施されているため「鉄筋コンクリート建築に比べ、寒さを感じるのでは?」と、必要以上に心配する必要はありません。

また木材はそもそも、コンクリートに比べ約10倍の断熱性を備えているため、室内の暖かさを外に逃がしにくい素材でもあるのです。特に無垢材のフローリングを備えている木造住宅の場合は冬暖かく、夏涼しいという理想的な肌触りを実現してくれますよ。

木の家を寒くしないためには

では木の家を建てる際、気密性や断熱性を高めるために、どのような工夫を施すべきなのでしょうか。以下にそのポイントを見ていきましょう。

断熱材についての知識を深める

木造住宅建築の際は、断熱材が使用されます。一般的な例として挙げられるのは『グラスウール』ですが、経年と共に水分を含み、断熱性が低下することがわかっています。また取扱いに充分な知識のない施工者の手にかかると、躯体の中でずれ落ちていく可能性もあるそうです。

グラスウールは比較的安価なため普及率も高くなっていますが、近年は他の断熱材も多く登場しています。そのひとつが『サーモウール』。羊毛の断熱材で、保湿、調湿、消臭効果があるほか、吸音性も高くなっています。

家づくりを依頼する際は、グラスウール以外の選択肢もあるのか、またその取扱いに専門性があるのかを充分確認することで、冬でも暖かい木の家づくりに近付くことができそうです。

窓に気を付ける

窓は自然光を室内へと届けてくれる半面、付け方を間違えると、暖房の熱を外へ放出し、室内の気温を低下させてしまいます。

まず日本で一般的な『アルミサッシ窓』は、断熱性が非常に低いことで知られています。樹脂や木材のサッシを採用することで、窓の断熱性は大きく高まるのです。

また二枚ガラスを採用したり、内窓を設置して二重窓を設ければ、結露の防止にも役立つでしょう。

さらに断熱素材のカーテンや、ブラインドも揃えれば完璧ですね。

心地いい木の家との出会い、教えます。

木のぬくもりに包まれた心地いいおうち、
家族が快適で安心して暮らせるおうちを
建ててくれる茨城県内のハウスメーカーを
3つ厳選しました。

チェック

私らしい木の家と出会う
茨城の工務店ガイド

木材の使い方や木の家のタイプが異なる3つの工務店を紹介しています。

木の家にこだわる
茨城の工務店