【木のぬくもりに包まれた、心地いい暮らし。】素敵な木の家を建てたいあなたのために、素敵な工務店さんとの出会い方や木について詳しくなれる情報をお届けします。
茨城の木の家で心地いい暮らし » 木の家に潜む問題点とは…新築木造住宅の不安を検証

木の家に潜む問題点とは…新築木造住宅の不安を検証

このカテゴリでは、木の家を建てるにあたって不安要素になりがちな問題点について、調査しています。

木の家を作るにあたって心配される問題点

木造住宅には『鉄筋コンクリートに比べると脆いのではないか』というイメージや固定概念が付きまといます。建築後には何十年という時間を過ごす場所ですから、あらゆる問題点に関して対策を講じておきたいものです。

地震

「木造住宅は地震に弱そう」というイメージを持つ人がいるかも?しかし、これまでの大地震で倒壊した木造住宅の多くは、新耐震基準施行以前に建てられた古い家屋です。圧力に強い木造住宅は、むしろ高い耐震性を誇ります。

台風・竜巻

茨城県は、台風の影響を受けやすい地域。2015年には、台風で3,000軒以上の家屋が半壊しました。また2009年に竜ヶ崎市で発生した竜巻により、被害を受けた家屋も多かったようです。屋根などの強度が高い住宅でも、基礎がしっかりしていないと、下から巻き上げる強風によりダメージを受けます。家づくりの際は台風対策も視野に入れましょう。

水害

茨城県では台風以外にも、集中豪雨による影響で、大きな水害が発生しています。2015年には常総市で大きな水害が起こり、3,000軒以上の住居が半壊しました。最も大切なのは「浸水を防ぐこと」。床上にまで水が浸入してきてしまうと、住宅が生活の場として機能しなくなってしまいます。家づくりの際は水害についても対策を講じる必要がありそうです。

木材の腐食

残念ながら「木の家は腐らない!」と言い切ることはできません。その原因となるのは『木材腐朽菌』です。この菌はカビと仲良しなので、要注意。木造住宅に住む以上は、菌の繁殖しにくい環境を実現する必要があるのです。

シロアリ

シロアリは家屋内部で繁殖し、やがては家全体を倒壊させるほどの悪影響を与える害虫です。一家づくりの際はその対策をきちんと講じる必要あり。その生態には水分が必要不可欠のため、湿気の管理には特に気を配る必要があります。せっかく構造がしっかりとしていても、シロアリに痛めつけられた家屋は、自然災害で簡単に倒壊してしまいますよ。

寒さ

「木の家って冬は寒そう…」、そんなイメージが定着しているのは、なぜなのでしょうか。これはすきま風が入る、古い日本家屋での滞在や生活の経験からくる、固定概念なのではないかと思います。

上記の問題点に共通しているのは「木造住宅だからと言って、リスクが高まるわけではない」ということ。

大切なのは、事前に建設会社と話し合いを重ね、きちんと対策を講じておくことです。

そのためにも、ぜひ本カテゴリのページ内容を確認してくださいね。

心地いい木の家との出会い、教えます。

木のぬくもりに包まれた心地いいおうち、
家族が快適で安心して暮らせるおうちを
建ててくれる茨城県内のハウスメーカーを
3つ厳選しました。

チェック

私らしい木の家と出会う
茨城の工務店ガイド

木材の使い方や木の家のタイプが異なる3つの工務店を紹介しています。

木の家にこだわる
茨城の工務店