【木のぬくもりに包まれた、心地いい暮らし。】素敵な木の家を建てたいあなたのために、素敵な工務店さんとの出会い方や木について詳しくなれる情報をお届けします。
茨城の木の家で心地いい暮らし » 茨城で自然素材の家を建ててくれる工務店・ハウスメーカー » 棟匠

棟匠

茨城で人気の注文住宅業者、棟匠の特徴や、同社の木の家(木造建築)についての情報をまとめているページです。

【棟匠の特徴】
広い土地を活かした平屋

棟匠の木の家 棟匠の木の家外観

引用元HP:棟匠 http://www.kk-tosho.co.jp/modelhouse/mito.html

棟匠は水戸市本拠で昭和48年設立。水戸、つくば、ひたちなか、および宮城県名取市にも展示場を構える注文住宅業者です。

茨城県だからこそ実現できる広い敷地を利用することで、開放感のある空間づくりを演出してくれる平屋をメインで扱っています。平屋とは1階建ての一軒家で、2階建てに比べて床面積が狭くなってしまうものの、階段に使われる面積がなくなったり、生活導線がシンプルになることで住みやすくなるという特徴があります。子どもが成人して家を出ていき、夫婦二人になった高齢の夫婦による建て替え需要も多いようです。

平屋以外にも、北欧風、南欧風、コンテンポラリー、アメリカン、ブリティッシュなど、様々なデザインに対応しているようです。

【棟匠が造る木の家】
細部まで健康住宅にこだわる

棟匠は木造住宅建設に高い専門性を持つ会社です。住む人の健康にこだわった家づくりを実践しているため、使用するのは自然素材が中心。構造材から内装、細部に至るまで無垢材を100%使用。木本来の強い抗菌作用によってダニやカビの発生を防ぐとともに、自然な風合いによる安らぎや健康効果をもたらす住宅を提供しています。中でも無垢材の断熱性や快適性、そして芳香を最大限に引き出す技術に長けている会社なので、木の家を建てたい人は要注目、と言えそう。

もうひとつの大きなこだわりは外張り断熱工法(外断熱工法)。通常の柱と柱の間に断熱材を設置するのではなく、柱の外側に吸水性の無い断熱材を設置することで、外気温や湿度の影響を受けにくい高気密・高断熱を実現するとのことです。

加えて、これらの特性により、木本来の寿命を活かして長持ちさせ、またメンテナンスのしやすさや間取りの変更などがしやすいスケルトン・インフィルという方式も採用。「3世代が100年住める家」とアピールしています。ただし、長期優良住宅の認定や耐震性についての記述は特に見当たりませんでした。

また同社はもともと製材店としてスタートした歴史を持っているため、家づくりに必要な材料についての知識も豊富。内装にはクロスや接着剤を用いず、塗り壁を標準採用しています。

棟匠が使用する木材

『地産地消の家づくり』を標榜する棟匠は、高い品質を誇る茨城県産の『八構材』を採用。緻密で強度に優れた八構材は、高い抗菌・防虫効果を発揮するそうです。

棟匠の評判・口コミ

顔アイコン

モデルハウスで見て、茨城の気候風土に適した地元の無垢材を使うというやり方に感銘を受けました。構造や性能面でも、安心してお任せできると感じました

顔アイコン

自然素材の心地良さや、断熱性能に魅かれました。実際に住んでみて、寒い季節は全館空調の暖房機能を使用するだけで室内は暖か。毎日心地良く過ごせています

顔アイコン

元の家は結露によるカビで子どもが喘息に。棟匠さんの自然素材へのこだわりに、大屋根づくりの大空間への憧れが重なり決めました。住んでみて、不満が一切感じられないのが最高です

棟匠の概要

会社名 株式会社棟匠
設立 1973年
所在地 茨城県水戸市泉町1-4-28
定休日 要問合せ
展示場
・見学会
水戸市河和田/ひたちなか市高場/つくば市学園の森
見学会は随時公式サイトから予約可能
事業内容 木造住宅の建築に伴う調査・企画・設計・施工、プランニング及びコンサルティング業務
免許許可登録
  • 建設業許可:国土交通大臣許可(般-25)第25195号
    一級建築士事務所:茨城県建築士事務所協会 第A0872号(2602)
    宅建取引業免許:国土交通大臣(1)第8528号
  • 施工エリア 茨城県全域
    一部エリアは対応できない場合あり。

    心地いい木の家との出会い、教えます。

    木のぬくもりに包まれた心地いいおうち、
    家族が快適で安心して暮らせるおうちを
    建ててくれる茨城県内のハウスメーカーを
    3つ厳選しました。

    チェック

    私らしい木の家と出会う
    茨城の工務店ガイド

    木材の使い方や木の家のタイプが異なる3つの工務店を紹介しています。

    木の家にこだわる
    茨城の工務店