【木のぬくもりに包まれた、心地いい暮らし。】素敵な木の家を建てたいあなたのために、素敵な工務店さんとの出会い方や木について詳しくなれる情報をお届けします。
茨城の木の家で心地いい暮らし » 茨城で自然素材の家を建ててくれる工務店・ハウスメーカー » 丸和建設

丸和建設

このページでは、茨城の丸和建設の情報をまとめています。

丸和建設の評判・口コミ

顔アイコン

マイホームを建てる前、アパート時代の生活は寝るための場所と言う感じでしたが、今は家にいることがとても楽しい。訪れてくれる友人もとても居心地が良いと言ってくれています。エアパス工法なので、エアコンに頼らない生活ができています

顔アイコン

薪ストーブのある家に住みたい、という夢を叶えてくれました。またエアパス工法のおかげで、1年中快適な生活が実現。省エネルギーにもなっていますし、人と自然に優しい家造りに感謝しています

【丸和建設の特徴】
太陽の力を借りた省エネ住宅

丸和建設は、木造住宅の建設に高い専門性を持つ会社です。しかも国産無垢材を使った家造りに、こだわりあり。約70%の木造住宅が外国産の木材を使用するという国内の現状を憂い「地域産の木材を使った注文住宅を作り、自然と共存する伝統的な暮らしの在り方を見直そう」と標榜する、木の家造りの頼もしいパートナーなのです。

また天井や壁にはビニールクロスを使わず、漆喰などの塗り壁や自然素材を用いた壁紙を使用しています。さらに『壁内通気工法』、『パッシブソーラーハウス』、『新・外断熱工法』の3つの工法特性を併せ持つ『エアパス工法』で、太陽のエネルギー利用を30%以上確保。1年中快適な省エネ住宅を実現します。

丸和建設では、省エネや機能性が高く、快適に過ごせる家づくりにも力を入れています。 ZEHビルダーの評価制度で5つ星を獲得している「快適性能」は、大きく分けて環境・快適性・経済性の3つを充実させたもの。どれも、現代の家づくりでは欠かすことのできないポイントです。

まず、室内のエネルギーを逃さないために、高気密・高断熱を実現している樹脂トリプルサッシを標準仕様としています。 これにより、冷暖房で快適な室温となった状態を維持しやすく、従来の仕様よりも年間の電気代が1/2ほどまで安くなることもあります。

そして、一般的な高気密・高断熱住宅よりも約57%も断熱性能が高い保温力のある工法を取り入れています。これは、第三者機関による監査でも証明されている確実性の高いもので、快適な室温を保ち続けることができるのです。

また、窓からの熱の出入りを抑えて、暑さや寒さを遠ざける樹脂のサッシは、機能性だけでなく解放感があり、快適な空間を演出してくれます。 急激な温度変化がないので、結露によるカビの発生を抑えられますし、湿気も調整できるのでダニも減少させることができます。 こういった室温の維持や湿気の排除は、快適な空間と健康的な体づくりにつながり、子供たちの健やかな育成にも貢献してくれるでしょう。

【丸和建設が造る木の家】
茨城の木材製材所と二人三脚で造る

茨城と栃木、福島にまたがる地元の木材、八溝山系の桧を植林から伐採、製材まで管理している『丸川木材』の木材を採用。構造用の柱、土台に樹齢50年以上の丸太を厳選して標準採用するなど、本格的な木造住宅が実現します。その真価は、本社内での「モデルハウス宿泊体験」で確認できます。

【丸和建設が造る木の家】
30年間の長期保証だから長く住み続けられる

丸和建設の木の家は、一般的な保証期間をはるかに超える30年間の長期保証があり、家自体の質の高さと共に長く住み続けるためのサポートをしてくれています。

その保証内容は、

という家全体にわたる広範囲なものであり、長年の使用による経年劣化だけでなく、特殊な状況のメンテナンスにも対応可能となっています。また、30年間の定期点検は無償で行ってくれるので、気づかないうちにシロアリの被害や雨漏りが進んでいたという心配もありません。

最初は引き渡し後3ヶ月、1年、2年の周期で行い、5年後から5年ごとの点検になります。 定期的にメンテナンスをしてくれるので、設備や家の状態で心配なことを相談したり、お手入れ方法などのアドバイスをもらったりもでき、自分でも家を大切に扱う習慣がつくでしょう。 こうした長期保証が実現できるのは、丸和建設の高い施工品質で、第三者監査による厳しいチェックをクリアしていることの自信の表れでもあります。

丸和建設が使用する木材

丸和建設は、活きた自然素材や国産木材を使用した家づくりにこだわっており、柱には八構山系の檜や杉、梁には赤松、そして土台には檜の芯持材など、家屋内の場所により最適な木材を配置しています。現場では熟練の大工が木材の癖を見極めながら、手作業で加工を行うという徹底ぶり。

そこには、不健康な空間によってシックハウス症候群やアレルギーに苦しむ子供たちが増えている現状を憂う想いがあります。 そこで、丸和建設では極力化学物質を使用しないよう、高い省エネ機能と快適な住環境を保つための素材にこだわって家づくりを行っているのです。

特筆すべきなのは、38℃~40℃の常温熟成庫の中でクラシック音楽を聴かせて熟成乾燥させた「音響熟成木材」。 この乾燥方法により、木の細胞を破壊せずに油分やエキスをそのまま残した活きた素材として活用できるようになります。 すると、調湿機能や防菌作用に優れて、免疫力を向上させる効果を持った強度の高い木材による家づくりが可能になり、健康で元気な子供の育成に役立ってくれるのです。

この「音響熟成木材」は、圧縮や引っ張り、曲げの強度が高く、第三者機関による調査でも高い評価を受けており、床材以外にも構造材や柱・家具など家全体に利用できるのも特徴です。

丸和建設の概要

会社名 丸和建設株式会社
設立 1993年
所在地 茨城県桜川市御領1-34
定休日 記載なし
展示場
・見学会
展示場は桜川市本社と水戸(茨城県水戸市けやき台2-2)と、土日のみつくば(つくば市谷田部1144-85)でオープンしています。
予約制の完成見学会を不定期開催しています。
事業内容 建設業、設計事務所、宅地建物取引業
免許許可登録 建設業許可:茨城県知事(特-18)第24839号
一級建築士事務所:茨城県知事登録 第A2021号(1607)
宅建取引業免許:茨城県知事(3)第5687号
施工エリア 記載なし。施工事例から、茨城県央を中心に県南・鹿行地域で施工を行っているようです。
茨城で建てる木の家をもっと見るなら…
吉野産の最上級総桧造りを卸価格で実現できる家
檜乃アットホーム

吉野産材の総桧造り 産地直送の木材を安く贅沢に使用 自然素材で断熱 竹炭で防腐・防蟻

坪単価:42.5万円~50.6万円

国産材&輸入材。適材適所&ログハウス
BESS

ログハウス 国内外の松・杉材を用途に合わせて使用 薪ストーブ カントリー調

坪単価:53.8万円~64万円

地産地消の八溝材で建てる平屋
棟匠

平屋 運搬コストが低い地元八溝材 開放感のある高い天井 室内空間にこだわり

坪単価:56万円~
68万円

無垢の床が気持ちいい健康住宅

無垢の床が気持ちいい健康住宅

引用元HP:丸和建設 https://www.maruwa-net.co.jp/portfolio/2096/

来客用と家族用で分かられた広い玄関

来客用と家族用で分かられた広い玄関

引用元HP:丸和建設 https://www.maruwa-net.co.jp/portfolio/2505/

リビングからつながるスカイデッキで見晴らし◎

リビングからつながるスカイデッキで見晴らし◎

引用元HP:丸和建設 https://www.maruwa-net.co.jp/portfolio/2451/
  • 特徴:
    地面より高い位置に設置されたスカイデッキは、非常に眺望がよく、景色を眺めるのに最適のスポット。リビングからつながっているので、部屋の中から空を眺めることもでき、都会にはない解放感があります。
  • 価格帯3,780万円~5,320万円(土地代込み)
    坪単価106万円~150万円(土地代込み)
    仕様 ・内装クラシック音楽を聴かせて熟成乾燥させた「音響熟成木材」使用。調湿作用や保温機能が高く、見た目も美しい。

    心地いい木の家との出会い、教えます。

    木のぬくもりに包まれた心地いいおうち、
    家族が快適で安心して暮らせるおうちを
    建ててくれる茨城県内のハウスメーカーを
    3つ厳選しました。

    チェック

    私らしい木の家と出会う
    茨城の工務店ガイド

    木材の使い方や木の家のタイプが異なる3つの工務店を紹介しています。

    木の家にこだわる
    茨城の工務店