【木のぬくもりに包まれた、心地いい暮らし。】素敵な木の家を建てたいあなたのために、素敵な工務店さんとの出会い方や木について詳しくなれる情報をお届けします。
茨城の木の家で心地いい暮らし » 茨城で自然素材の家を建ててくれる工務店・ハウスメーカー » 檜乃アットホーム

檜乃アットホーム

茨城県牛久市にある檜乃アットホームについて、家造りの特徴や木材、口コミをまとめているページです。

檜乃アットホームの評判・口コミ

顔アイコン

工事中色々なアイデアを出していただき、期待以上の家が完成しました。友達や親戚にも大好評です。無垢材をいっぱい使い、大手ハウスメーカーではできない、素敵な家を建ててくれた社長さんに感謝しています

顔アイコン

建売が嫌いで、木をふんだんに使った家を希望していた。しかし値段が高く、あきらめかけていた時、知人に檜乃アットホームを紹介された。おかげで吉野桧をいっぱい使った自然素材の家が、他社より2割程度安く実現できた!

顔アイコン

自然素材の家を造る会社を回りましたが「この予算では無理」と言われました。でも檜乃さんは予算内のプランをいくつも持ってきてくれたので、望み通りの家ができました!木の香りに毎日癒されています。檜乃さんに出会えて良かった!

顔アイコン

知人に紹介してもらい、檜乃アットホームさんを知ったのがきっかけです。他の会社には、この予算では厳しいと何度も断られましたが、檜乃アットホームさんは予算内でできるプランをいくつも用意してくださいました。対応もとても親切で、予算内で自然素材をふんだんに使った家を建てることができて大変満足しています。

顔アイコン

この価格で木をこんなにたくさん使った家に住めるとは思いませんでした。工事中はさまざまなアイデアを提案してくださり、期待以上の家が完成したので満足です。引き取り後、わからないことがあり電話したときも快く対応してくださりすぐに来てくれました。

【檜乃アットホームの特徴】
断熱・防腐処理にも天然素材の
使用を徹底

檜乃アットホームの木の家和室 檜乃アットホームの木の家内部

引用元HP:檜乃アットホーム http://www.hinokino-athome.com/example.html

断熱処理や防蟻処理、そして耐震の最高等級でもある耐震等級3を実現しているため、木造住宅でありながら、長期優良住宅認定の要件を満たしています。

断熱材は羊毛由来で化学物質への心配がなく、断熱性能も高いサーモウールを使用。羊毛は周囲の湿度を50~60%に保つ働きを持っており、ちょうどいい湿度に保たれているということはダニやカビの発生を防いでくれます。

羊毛断熱のほか、二重で紫外線を防ぐ断熱性の高いLow-Eガラスや、外をアルミ、内部を樹脂にすることで耐久性と断熱性の両方を兼ね備えた複合サッシを標準装備し、快適に生活が営める空間を実現しています。

木の家を建てるにあたって確認が欠かせない防腐・シロアリ対策には、「Sumi Under Protect」と呼ばれる木炭塗料を床下に塗布して施工します。自然素材由来の成分にも関わらず、高い防腐・シロアリ効果を持ちながら、人や環境には安全という夢のような塗料です。

アーテック社の開発したアンダープロテクトは、一般住宅だけでなく、幼稚園や老人ホームといった公的機関にも使用されており、その信頼性の高さがうかがえます。

カビやシロアリが寄り付かない家造りや、暑さ寒さ対策がしっかりできているので、30年で600万円分も維持費・光熱費を安く抑えることができるのだそうです。

【檜乃アットホームが造る木の家】
施主と一緒に作り上げていく
丁寧な家造り

茨城県南を中心に地域密着型の工務店です。「一棟一棟梁」をモットーに、丁寧に時間をかけた家造りを実践しています。棟梁や職人は20年以上のキャリアを持つ人が中心となっていることもアピールしており、安心感がうかがえます。

打ち合わせには現場上がりの一級建築士である社長が自ら参加し、あとから「こうすれば良かった…」と後悔することがないように、できることとできないことをはっきり説明しています。社長の鈴木さんは建築現場にも頻繁に顔を出し、施主と一緒に家造りを進めていくような姿勢がうかがえます。

最初から出口価格(家造りにかかる総費用)で提案するので、コスト面でも安心感を持って家造りをすすめられそうです。

自社保証はもちろん、第三者保証(JIO)をすべての物件に付帯しているので、安心感も高くなっていますよ。

檜乃アットホームが使用する木材

高級木材である「吉野桧」を主に使用していながら、1,000万円台の家造りも可能です。

理由は、吉野桧を扱っている奈良県の製材所から、産地直入の桧材を仕入れているため。本来は、製材所から専門商社や材木市場、材木店を通じて工務店まで木材が届くのですが、これらの流れをカットしているため、安く資材を仕入れることができます。木材には部位によって良し悪しがあるところを、選んで入荷できるので節の無い木材だけで作った壁や天井を作ることも可能です。

桧は他の木材と比べても耐久性や吸湿性が高く、過ごしやすい木の家を提供してくれます。特に吉野桧は、植林していく中で細かく枝打ちを行ったり、木と木の間を狭くして育てたりすることで、年輪が細かく木目が美しく揃います。

桧は全体的に白っぽい色ですが、吉野桧は木の中ほど赤みを帯びており、淡いピンク色のような美しい色合いを持っていることが特徴です。

檜乃アットホームの概要

会社名 檜乃アットホーム株式会社
設立 2007年
所在地 茨城県牛久市岡見町1234-1
定休日 日曜、祭日、盆、年末年始
展示場
・見学会
予約制の構造見学会・完成見学会あり
事業内容 新築注文住宅、リフォーム、店舗事務所工事
免許許可登録 茨城県知事許可(般-24) 第31899号
檜乃アットホーム一級建築士事務所  茨城県知事登録 第A3253号
施工エリア つくば市、牛久市、土浦市、阿見市、龍ヶ崎市、つくばみらい市、守谷市、取手市など

1階の間柱や筋違までぜいたくに吉野檜を採用

檜乃アットホームの木の家和室

引用元HP:檜乃アットホーム http://www.hinokino-athome.com/lineup.html

家の中にブランコや滑り台があり安全に遊べる

檜乃アットホームの木の家和室

引用元HP:檜乃アットホーム http://www.hinokino-athome.com/example.html#pagelink031

家全体で木の心地よさを感じられる家

檜乃アットホームの木の家和室

引用元HP:檜乃アットホーム http://www.hinokino-athome.com/example.html#pagelink031

檜乃アットホームの仕様

基礎

檜乃アットホームの基礎は、長期優良住宅仕様の非常に丈夫な基礎を採用しています。基礎幅は150mmで、特に強い負荷がかかるコーナー部分にはコーナーハンチで補強。また、「Jotoキソパッキング工法」という保証制度も採用しているので、シロアリ被害が発生した際に保証を受けることができます。

工法

長期優良仕様の在来工法・剛床工法を採用しています。剛床には、杉無垢集成材24mm/28mmを使用。また、耐震等級3の基準も満たしています。耐震等級というのは、住宅性能評価機関が定める耐震性能に関する基準です。等級は1~3まであり、建築基準法が定める耐震性能を満たしていれば等級1を獲得することができます。その中でも等級3は、等級1の1.5倍というもっとも強い耐震性能を誇ります。

キッチン・バス

キッチンは、ハウステック製の長さ2,550mmのシステムキッチンを用意。ムーブダウン付きの吊戸も完備しています。また、オプションで食洗器を付けることも可能です。バスはユニットバスで、キッチン同様希望のメーカーを選ぶことができます。

屋根

屋根の河原には、三州瓦、平瓦、洋瓦が用意されています。カラーの選択肢は、マットブラック、マットグリーン、マットブラウンがラインナップ。また、耐震と耐風性能を持つロックアーム機能も搭載されています。

外壁

外壁には、「ベーシック」と「ベーシック・アルファー」の2種類がラインナップされています。どちらもサイディング仕様で、ベーシックでは耐震性を備えた金物掛け工法を採用。ベーシック・アルファ―では、本物のレンガタイルとモザイクタイルを使用したデザインとなっています。

防水シート

防水シートには、「ラミテクスサーモ」を使用しています。高い透湿性能を誇るので、効率よく湿気を逃がすことが可能。遮熱性にも優れているので、太陽光による室内の温度上昇を防ぐ効果もあります。その他、環境にも優しく、防水性、防風性、耐久性にも優れているのでより快適な暮らしを実現できるでしょう。

価格帯1,900万円~2,300万円
坪単価42.5万円~50.6万円
仕様 ・内装柱・土台は吉野檜4寸角(120㎝)、1階の間柱・筋違も吉野檜。 全室サッシはペアガラス(紫外線89%カットのLO-Eガラス)、木目の樹脂アルミサッシ(シンフォニーウッティー)。 内装建具は檜無垢建具。
「木材にこだわる工務店比較を見る」の詳細はこちら

心地いい木の家との出会い、教えます。

木のぬくもりに包まれた心地いいおうち、
家族が快適で安心して暮らせるおうちを
建ててくれる茨城県内のハウスメーカーを
3つ厳選しました。

チェック

私らしい木の家と出会う
茨城の工務店ガイド

木材の使い方や木の家のタイプが異なる3つの工務店を紹介しています。

木の家にこだわる
茨城の工務店